文字サイズ :
気力は充分に変わらずありますが、体力と回復力は知らず知らずのうちに落ちているのですね。
体調を崩し、あるきっかけでラッパの音が全く鳴らなくなりましたが、0からスタートして気がついたことがありました。力を利用できてた頃とは違う感覚で音が出るようになって、これがECOなのかぁと。
一日の使い方も変わってくるでしょう。

厄年は新たな未来に向けた大切な節目なのだと感じました。
人の命に厄年があるように、環境にも厄年のようなものがあるのかもしれません。間違いなく2011年はそうでしょう。
今年の追悼番組はもう人間の傲慢さが出てきてると感じました。もう薄れてきてるのかもしれません。それではダメですね。

リーダー

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする